ホーム  Breadcrumb Arrow  JAPAN JAPANESE

ETIAS(欧州渡航情報認証制度)、日本出身者の場合。

日本はヨーロッパ圏外の国であり、ビザのない旅行のために、すべての旅行者は短期のシェンゲン(Schengen)エリアに自由に行き来することができます。

日本を含む50カ国以上の国・地域出身者は、2021年よりETIASが必須となります。

ETIASはシェンゲン協定加盟国への渡航手続きを簡単なものにします。

ETIASは従来のビザとは異なるものであり、シェンゲン圏内へと移動する者を事前に審査するシステムとなっています。そのため、ETIAS認証を受けていることは、必ずしも、シェンゲン協定加盟国への入国許可を意味しません。ETIASはシェンゲン圏内へと移動する船・飛行機に搭乗するためのオンライン認証システムとなっています。

ETIASに関する重要な情報

ETIAS(欧州渡航情報認証制度)は従来のビザではなく、シェンゲン圏へと移動する船や飛行機に搭乗するための認証制度です。

ETIASの目的は、欧州連合の安全保障に対して脅威となる個人を事前に特定し、渡航許可を与えないことにあります。

EU短期滞在ビザ免除対象となっている国。地域の出身者は、事前にETIASへ申請しなくてはなりません。

しかし、ETIAS認証を受けていても、それが必ずしもシェンゲン圏への移動の許可とはなりません。実際の入国審査はシェンゲン協定加盟国によって個別に行われます。

誰が申請する必要があるのか?

現在、欧州短期滞在ビザ免除となっている国・地域の出身者のすべてが原則的にETIASの対象となります。

ETIAS渡航認証は申請から5年間有効となりますが、欧州各国の判断によって取り消しが行われる可能性もあります。そのため、出国前にかならずETIASの認証状況を確認してください。

EU短期滞在ビザ免除国出身者でありシェンゲン圏内に滞在する者。

EU短期滞在ビザ免除国出身者でありシェンゲン圏を通過する者。

未成年者や乳幼児も事前の申請が必要となりますが、18歳未満の場合には費用は免除になります。


Travel to Europe with ETIAS

利用注意と法的免責

当サイトは個人サイトであり、欧州各国政府とは一切関係がありません。